鍼灸師のデジタル・デバイド (3)2004/01/28

私の仕事場のパソコンには中国医学に関係しているデータがたくさん入っているし、インターネット上では重要な情報源先のリンクデータベースを作っている。

日中・中日辞典、日中・中日翻訳ソフト、中国語漢字変換システム、は基本として、各種デジタルデータ化されている古典籍なんかが入っている。こういうものが製品化されて、効率的な語学の勉強ができるようになった。もちろん英日・日英辞書・国語辞典も入っている。

『素問』『霊枢』『難経』などの中国医学の基本書籍はデジタルデータ化したものが無料で提供されている。ある語句が使われている場所を検索したりするのに非常に便利だ。昔だと、文献学で索引を作るのが基礎研究として重要であったが、原典がデジタルデータ化されていると、索引を作る必要性はほとんどない。

ホーム