天神橋筋商店街の上海料理店2004/02/01

今日は日曜なのだが友人が来ることになっていたので朝から治療院へ出かけた。同業者の友だちと会っていたのだが、昼食を最近オープンして気になっていた香得菜(シャンダレイ)という上海料理の店で食べた。

店は天神橋筋商店街の中にある。こぢんまりしているのだが、壁を土壁風に塗って甲骨文字や格言がデザインよく書かれており、実際に中国にありそうな店で雰囲気がなかなかいい。

豚バラ煮込みの定食をたのんだ。1000円だったので昼食には少し高いかなと思ったが、食べてみるとなかなか美味しい。豚バラ煮込みは東坡肉に使うような豚バラを醤油と八角ベースで味付けしたダシで煮込んで片栗粉でとろみをつけている。たぶん事前に蒸しているんじゃないかな?見た目はシンプルだけど手間はそれなりにかかっているように感じた。量もたくさんあって、これだけでも結構お腹いっぱいになった。

スープが別についていて、化学調味料をあまり使っていないトウモロコシ?を使った中華風のもの。それに春巻きが一本。この春巻きは皮が少し変わっていて、木の葉の葉脈の様なスジが入っていた。食感が面白い。

最後に桂皮で風味を付けた寒天をシロップ漬けにしたものがデザートとして出てきた。

1000円でも結構満足して出てきた。友達にも好評だった。また行こう。

ホーム