整骨院経営グループが無免許で鍼灸、二十数人逮捕2004/03/03

最近なぜか当局が無資格業者、無資格施術者とその雇用者を摘発するのが続いてます。

YOMIURI ONLINEの記事によると、東京都新宿区中落合1、「早稲田鍼灸(しんきゅう)整骨院」などグループ23店舗のうち22店舗が、次のような違法行為をさせていたようです。

1)無免許者にマッサージ施術を行わせていた。
2)マッサージ施術で柔道整復の保険請求(療養費払い)をしていた。
3)保険請求の対象ではない疾患まで、病名を偽って保険請求をしていた。
4)無免許者に鍼灸を施術させていた。
5)就労ビザしか持っていない外国人を働かせていた。

5を除いて1~4までは大多数の整骨院(鍼灸整骨院)で行われている行為です。なぜこのようなことが行われるかというと次のような理由からです。

1・4:柔整学校や鍼灸学校の学生を含む無免許者が安くで雇える。
2:柔整の保険請求は急性期の骨折・脱臼・捻挫の治療でしか保険請求できないのに、それ以外の症状でも保険請求する(たとえば単なる肩こりなど)。
3:鍼灸施術を柔整の保険で請求する(本来全く別の保険制度)。

今まではこういった違法行為が普通に行われて保険財政を食いつぶしていたわけです。柔整の保険の総支給額は年間6000億を超えていたように記憶している。

YOMIURI ONLINEの記事
整骨院経営グループが無免許で鍼灸、二十数人逮捕

柔整の問題は2chの以下のスレッドを読めば詳しく書かれています。
接骨院・整骨院の謎 Part 14

ホーム