乳児の下熱治療2004/05/10

4ヶ月の息子が発熱した。昼間に最高37度8分くらいまで上がっただけで、午後9時頃帰宅したときには、36度台まで下がっていた。しかし頭部を触診すると前頭部と側頭部が少し熱い。漢方的には陽明少陽の合病といったところだろう。最近疳虫が強いので、それにカゼが乗じたらしい。内側に熱が残っていて、また発熱しそうだ。

指先二カ所から瀉血、側頭部に接皮(皮膚表面に少し鍼を刺す)してやるとすっかり熱っぽさが取れた。子供の治療は少ない刺激で変化が激しいので面白い。まだちょっと疲れた感じがあるが、たぶん大丈夫だろう。疳虫君はまだいついているが・・・

ホーム