治療院集客のHP(1)2004/05/19

数日前に同業者の友人から「HP作成業者にHPを作ってもらおうと思うのだけどどうか。」という相談を受けた。くわしい話を聞いていて私は「やめておいた方がいい」とアドバイスした。理由はふたつあって、話を聞くとその業者は治療院関係のHPを作るのが始めてであることと、友人がメールとネットサーフィンをするくらしかパソコンが使えないからだ。最低限度のHP作成の知識もないし、集客する記事の書き方も知らないなら作るだけ無駄である。

治療院に営業に来る大半のHP作成業者はHP作成のプロであってもマーケティングのプロではない。そのために作成のポイントを「かっこいいHP」に置いてしまう。しかし業者に作成依頼する治療院は「集客するHP」を作って欲しいと思っている。ここで両者とも大きな勘違いをしている場合が多いので注意が必要だ。つまり

    業者の発想  :「かっこいいHP」=>「集客するHP」
    治療院の発想:「集客するHP」 =>「かっこいいHP」

という発想しがちだ。しかしこういう発想でHPを作っても集客は難しい。私は治療院用のHPを作って4年以上になる。アクセス解析をしたり、初診の患者さんに当院のHPの感想を聞いたりして得た「集客するHP」の法則。それは

    「集客するHP」=「患者さんの望む情報」+「同業者HPに対する記事優位性」

である。集客するHPの条件として「かっこいいHP」はかなり後に来る。トップページが玄関HPでデザインがかっこいいだけとか、FLASHで動的なページになっているとかは最悪。HP作成業者は料金をアップさせやすいだろうが、そんなことよりも、デザインがシンプルで「読みやすい」方がはるかにいい。

HP作成依頼するときは、書きやすくて読みやすいフォーマットを作ってもらって、自分でページ更新をしやすいシステム構成にしてもらえばいい。HP作成業者は目先の売上は減るだろうが、集客する記事のマーケティングをしてあげて提案するなどでお金を取った方が、顧客と長いつきあいができるであろう。新しい顧客も紹介してくれるかもしれない。

ホーム