暗峠越え、奈良街道ハイキング2004/06/06

今日は暗峠(くらがりとおげ)に出かけた。本当は葛城山に登ろうと思っていたのだが、五時頃目が覚めると雨だったのであきらめて遅くまで寝ていた。7時過ぎに起きたときには雨がやんでいたが、また降るだろうと思ってまた寝た。30分ごとぐらいに何度か目が覚めたが雨が降っていないようだ。空を見たら晴れ間もある。やっぱり歩きに行こう思い、駅から歩いてすぐ、歩行時間3時間くらいのところをしばし思案。ということでまだ行ったことがない暗峠を選んだ。時間が余りないときはこういう思いつきハイキングをよくする。

奈良の近鉄南生駒駅から、暗峠を経て東大阪の近鉄枚岡駅までのルートだ。峠にある説明版によると、昔この道は奈良街道と呼ばれていたようだ。大阪の玉造二軒茶屋から河内平野・豊浦を経て生駒山まで全長34キロの街道だったという。34キロならがんばれば1日で行ける距離だ。<日本の道100選>に選ばれているそうだが、舗装された道ばかりで全然面白くない。昔は田んぼや畑を抜けて、大阪平野を見渡せるいい街道だったのではないかと思う。「昔はこんな風景だったんだろうか?」と歩く瞑想をして帰ってきた。

ハイキングとしては収穫は何もなかった。暗峠で150円の梅干しを二袋買ったくらいか?

ホーム