中島らもさん死去2004/07/28

作家の中島らもさんが亡くなった。16日に酔って階段から落ち脳挫傷による外傷性脳内血腫で26日なくなった。52才は若すぎるが、典型的な破滅型の作家だったから、彼らしい死に方かもしれない。

私は「かまぼこ新聞」以来のファンだった。「かまぼこ新聞」は私が高校時代に『宝島』という雑誌に連載されていた。当時流行っていた”下手うま”系の絵に絶妙の関西系ギャグはとても新鮮だった。学校の帰りに本屋でよく立ち読みしたっけ。

その後まもなく朝日新聞に連載されて大ヒットした『あかるい悩み相談室』は、精神科医の頼藤和寛先生の『人生応援歌』(産経新聞)と並び、新聞の人生相談欄の金字塔ではないかと思う。そのままカウンセリングのネタとして使えそうなものも結構あって、精神科医や臨床心理士が書いた下手な本よりもよっぽど治療的なものが多かった。考えてみれば頼藤先生も中島らもも関西系のユーモアを効かせた文章を書く人だった。

中島らもはテレビにもよく出演していた。あのとぼけたしゃべりは、そこいらへんのお笑い芸人よりも面白かった。

これは余談だが、中島らもさんの事務所は当院のすぐ近くだが、ご本人を見かけたことはなかったなあ。

ご冥福をお祈りします。

啓蒙かまぼこ新聞HP
中島らも事務所
産経WEB:作家の中島らもさんが死去 52歳
asahi.com:作家の中島らもさんが死去

ホーム