今年の抱負2005/01/14

あけましておめでとうございます。

今年始めての書き込みです。
昨年後半から患者さんが右肩上がりで増え始め、雑事を増えて年末はなかなか書き込めなかったのだが、ちょくちょく読んで頂いている方がいて、新しいのを書けといううれしい催促もいただいている。

今年は中医の古典をもうちょっと真剣に読み込んでいこうかと思う。中医で出てくる用語の概念はなかなか実感をもってイメージできないのだが、そのイメージ化の作業をもっとしていこうかと思う。現代中医の古典の解説書ではなかなか明確にイメージ化できない。本を書いている人でもほとんどの人は概念を具体的にイメージできていないのではなかろうか?

ここでいう具体的なイメージ化というのは概念を感覚的に実感できるということである。中医を学ぶほとんど人は(もちろん学者もふくめてだが)、中医で用いられる概念を抽象的なフィクションとしてしか捉えられていないと思う。これは感性の問題である。昔の人と現代人とでは自然や肉体に関する感性が全然違っているという確信が私の中にはある。だから古典を書いた人には感覚的に実感できていたことでも、その時代の人とは違う現代のわれわれが読むと抽象的にしか理解できないということがたくさんあるとおもう。中医の古典を書いた人の感性を自分の中に蘇らせたいという衝動がある。この問題をもっと深めるのがこれからの私の課題だ。

ホーム