秘伝の食べ物、嘔吐する幼児用2005/03/28

昨日の昼ごろ、子供が嘔吐と下痢をした。夜になって高熱が出た。数日前から青ばなが出ていてカゼぎみだったのだが、日曜に奈良の伯母さんのところへ遊びに行って悪化したらしい。

私は仕事中だったので何もできず、ヨメに病院に行かせて薬をもらってきた。症状のきついときは安全な西洋薬を飲ませた方が勝負が早かったりするので、医師の処方にしたがって薬を飲ませた。しばらくすると嘔吐がおさまりかけたので飲ませるものを考えた。ここで中国医学の本領発揮・・・

ちょうど米あめがあったので、大棗(干ナツメ)をあらかじめ煎じておき、フラクトオリゴ糖といっしょにとか仕入れた。漢方薬は帰脾湯のエキス剤くらいしか使えそうなものがなかったので、一袋だけ入れておいた。

大棗は胃腸の働きを調える。フラクトオリゴ糖はビフィズス菌のエサで、下痢をして悪化した腸内細菌叢を回復させる。米あめはご飯のかわりだ。これだけで1~2日くらいは固形物を与えなくても大丈夫だ。

ちょっと濃いめのをたくさん作っておき、飲むときに適当にお湯で薄めて飲ませる。甘いのでけっこうごくごく飲んでくれた。

明日、お粥が食べられるかもしれないので、大棗と朝鮮人参を煎じておいた。お粥を炊くときに適量を入れてやると甘みがあって食欲が出るだろう。

ホーム