有痕灸(痕が残るお灸)の種類

 

有痕灸とはモグサを円錐形にひねって、全部焼いてしまうお灸です。
全部焼ききらないで途中で消す無痕灸と違って焼いてしまうわけですから熱くて痕が残ります。
それによって治療効果を得ようとします。
普通の人がお灸に対して持っているイメージはこちらのものでしょう。

有痕灸にもいくつかのやり方があります。

透熱灸

モグサを円錐形にひねって直接皮膚に乗せ、線香で火をつけて焼き切ります。
焼き切るのでヤケドしますが(つまり意図的にヤケドさせる)、うまくやれば水疱はできません。
大きさは半米粒大~米粒大くらいが基本です。
化膿を目的として大きくひねるのは打膿灸といいます(下記参照)。

焼灼灸

透熱灸の一種です。モグサを硬くひねり、魚の目や胼胝(タコ)など角質化した部位にすえ、
角質化した部位を焼き落とすのを特に焼灼灸ということがあります。
角質化した部位にうまくすえれば熱さはあまり感じません。

打膿灸

大豆大から指頭大の灸を焼ききり、その部位に膏薬を塗って故意に化膿させ
そのときに増大する免疫反応で治療効果をあげようとする方法です。
本来は、癰腫や膿瘍に用いられたと思われます。

鍼灸学校の教科書には化膿することにより白血球数を増加させ、
免疫力を高める灸法と説明されています。

江戸時代から民間でも盛んに行われました。
大きな灸痕を残すため、現在では一部の灸療所でのみ行われるのみです。
家伝の膏薬や経穴を使うことが多く、家伝灸として伝えられています。

女性のための東洋医学
お灸の基本知識
お灸の種類
お灸でなおす
お灸の疑問
お灸治療の疑問
よもぎ健康商品
楽天で安値検索
運営者情報
お気に入り・RSS・ブックマーク