お灸の種類

 

お灸の方法は、実にたくさんあります。われわれ専門家でも、臨床上使うのはそのごく一部です。ここではWikipediaで記述されている方法を挙げておきます。詳細は別項にて述べます。出来しだい、それぞれにリンクを張っておくことにします。

有痕灸

有痕灸とは痕の残る灸法です。本来のお灸の仕方です

以下、Wikipedia「灸」の項目より引用

透熱灸 :本来の「灸法」はこれを指し、皮膚の上に直接モグサをひねったものである艾炷(がいしゅ)を立てて線香で火をつけて焼ききる。(中略)

焼灼灸:魚の目や胼胝(タコ)など角質化した部位に据える。(中略)

打膿灸:大豆大から指頭大の灸を焼ききり、その部位に膏薬を塗って故意に化膿させる。(中略)

直灸(点灸):その名の通り、皮膚の上に点を付けてその上に艾炷を立てる。やり方は透熱灸と同じであるが、治療院や鍼灸師によっては知熱灸と同じやり方をしているところもある。

無痕灸

無痕灸は痕の残らないお灸の方法です。さまざな方法があり、下記のWikipediaの記述以外にもあります。

以下、Wikipedia「灸」の項目より引用

知熱灸:米粒大や半米粒大を8分で消す八分灸や大き目の艾炷(シュ)をつくり熱を感じると取る方法がある。

隔物灸:艾の下に物を置いて伝導熱を伝える灸。下に置くものとしてはしょうがやにんにく、ビワの葉、ニラ味噌、塩などがある。下に置く物の薬効成分と温熱刺激を目的とした灸法。

台座灸(温筒灸、円筒灸):既製の台座または筒状の空間を作り台座とする隔物灸の一種。せんねん灸やカマヤ灸、長生灸(レギュラー、ライト)、つぼ灸などの商品名で市販されてものもこれに含まれる。現在、最も一般な灸である。

棒灸:棒状の灸をそのまま近づけるまたは専用の器具を使って近づける。輻射熱で温める灸。中国で主流の灸法。

灸頭鍼 :灸頭鍼皮膚に鍼を刺鍼してその鍼柄に丸めた灸をつけて火をつける。鍼の刺激と灸の輻射熱を同時に与えることが出来る。(中略)

薬物灸:艾は使用せず、体の上に薬品を塗って皮膚に熱を伝える灸。紅灸、漆灸、水灸、油灸、硫黄灸などがある。

箱灸

綿灸(綿花灸):湿らせた綿花の上に艾を乗せて線香で火をつける。

ガーゼ灸 :湿らせたガーゼの上に艾炷を乗せてライターで直接焼く。

上に引用した箱灸のところは記述がありませんので補足しておきます。箱灸は底と蓋のない箱状のものの底面近くに網を張り、上からモグサを乗せて、温める方法です。

無痕灸にはこれ以外にも、いろいろあります。電気を使ったものもあります。詳しくは別項にて詳説しましょう。


女性のための東洋医学

お灸の基本知識
お灸の種類
お灸でなおす
お灸の疑問
お灸治療の疑問
よもぎ健康商品
楽天で安値検索
運営者情報
お気に入り・RSS・ブックマーク