灸頭鍼 無痕灸(痕が残らない)

 

灸頭鍼灸頭鍼は痕の残らない灸法の一種で、
灸頭鍼は鍼を刺した後、お灸を鍼の頭に乗せる方法です

灸頭鍼はほんわり暖かくなってきもちいいです。
中国では直接皮膚にすえるお灸を基本的にはしません。
この灸頭鍼か、別項で取り上げる棒灸を使います。

灸頭鍼は、現代中医学の理論にもとづいて治療を行っている治療院が、よく使っています。


灸頭鍼の効果

火がついたモグサの輻射熱と熱せられた鍼の刺激を治療に使います。
深く刺した鍼自体が温まりますので、深い位置にある冷えを吸い寄せる抜き取る作用があります。
ですから灸頭鍼は外から身体に入った冷えを抜くことを目的に行います。
知熱灸は外から熱を入れる方法で、灸頭鍼は冷えを抜きます。
両者は似ていますが、臨床的には効果が違いますので、施術目的も違ってきます。

灸頭鍼の欠点

灸頭鍼の煙 炭化もぐさ

灸頭鍼の一番の欠点は煙でしょう。

ちょっと見えにくいかもしれませんが、左上の写真のもぐさから出ている煙をご覧ください。
かなり煙が出ています。灸頭鍼を多用する治療院は換気を積極的にしないと
室内に煙が充満します。
じゅうぶんに換気しても数年で壁紙に黄色いヤニがついてしまいます。

灸頭鍼の煙を回避するためにモグサを炭状にして固めたものが販売されています。
右上の写真は釜屋もぐさ本舗の温暖という商品です。

もうひとつの欠点は鍼を使いますので、患者さんご自身では出来ない点です。
鍼師もしくは医師しか使用することができません
(厳密にはお灸も灸師もしくは医師しかできません)。

女性のための東洋医学
お灸の基本知識
お灸の種類
お灸でなおす
お灸の疑問
お灸治療の疑問
よもぎ健康商品
楽天で安値検索
運営者情報
お気に入り・RSS・ブックマーク