胃が弱い(むねやけ・重たい)ときのお灸のツボ

 

胃が弱いときにお灸するツボですが、
これは「弱い」というのがどういうことかを
はっきりさせる必要があります。

胸焼けしたり・びらんや潰瘍があるときは、
胃が弱いのではなくて「悪いのです」。

胃の粘膜の防御能力より、胃酸の分泌が
勝っている状態です。

それに対して、胃がもたれる、食欲不振などは
胃が悪いのではなく「胃が弱い」。

胃腸が弱いときに足の三里のお灸がよく使われますが、
ここにお灸をすると胃酸がよく出るようになります

しかし胃酸過多の方が足三里にお灸をすると、
余計に悪化する可能性が高いです。
ちゃんと、中国医学的に診察して、お灸をすることが重要ですね。


かしま鍼灸治療院

女性のための東洋医学

お灸の基本知識
お灸の種類
お灸でなおす
お灸の疑問
お灸治療の疑問
よもぎ健康商品
楽天で安値検索
運営者情報
お気に入り・RSS・ブックマーク